ブリキのおもちゃはなぜ人気があるのか

ブリキ古いおもちゃのなかでも特に人気となっているのがブリキのおもちゃです。ブリキのおもちゃは、文字通り、ブリキ板を材料として、ロボットや自動車、鉄道車両や航空機などの乗り物に成型してカラフルに塗装されたおもちゃです。鉄に錫をコーティングして腐食しにくいように加工された丈夫なもので、第一次世界大戦で敗戦後に、それまで世界一のシェアを誇っていたドイツに代わって日本を代表する輸出品となりました。第二次世界大戦の勃発により一時、衰退するものの、タイヤの摩擦の慣性を活用したフリクションカーが大ヒットするなどして、日本のブリキのおもちゃは再び世界に広く知られることとなりました。特に1950年代~1960年代に製造されたものは、日本人らしい丁寧な職人技が活かされたものとして高い価値があると言われています

確かな技術でつくられた日本の物づくり文化を代表する作品として、また、ノスタルジーを感じることができる古いおもちゃとして、買取市場では根強い人気があります。物によっては、壊れていたり、欠損していたりしても高値で買取してくれることもあります。ただ、ブリキのおもちゃの鑑定には、確かな商品知識や熟練した鑑定眼が必要となるため、信頼のおける買取店に依頼した方がいいでしょう。